PROCEED vol.35
403/420

ウェーピング仕様 ウェーピングとは、糸巻きのゴムをベルト状に編んだもの。伸縮するベルトを格子状に張ることで、使用時に適度な弾力が得られます。Sバネ仕様 S字型の鋼製バネを用いる仕様。適度な弾力と耐久性を備え、主にソファの緩衝材に使用されます。軟質モールド金型を用いる発泡成形ウレタン。正確な寸法精度に加え、表現の難しいデザインを形にします。通常のウレタンと比べ、ヘタリが少ないとされます。硬質モールド金型を用いる発泡成形品。高い耐久性に加え、見た目以上に軽く仕上がります。イメージ図イメージ図下地天板人工大理石 芯材には、合板を使用する硬質ポリエステル樹脂成形品。耐久性・耐薬品・耐汚染性に優れます。積層合板 薄い単板を接着剤を用い製材、『ベニヤ』と称されます。木枠・座板・芯材など、広く使用されます。MDF 木材の繊維を原材料にする、ファイバーボードの一種。パーティクルボードと比べ、安定した強度を得られます。突板 各種天然木を薄くスライスした表面材。合板などの芯材に貼り、意匠部に使用されます。集成材小さな材を圧着し、大きな板材に加工したもの。天板に多く使用されます。メラミン化粧板豊富なパターンから選択でき、耐摩耗性に優れます。テーブルの表面材に多く使用されます。401

元のページ  ../index.html#403

このブックを見る